釣り場を公開すべきか否か⁈

自分がブログを書く理由として、釣果自慢、忘備録、ちょっと聞いて欲しい、などがあります。

また、こんな道具やあんな釣り方のおせっかい話など、案外お人好しな部分もあるのです。

その中で、釣り場を公開するか否かの問題に直面し、本当ならすべて場所を明かしたいのですが、先日の忍路竜ヶ崎みたいに、ブログのみで知り得た情報で、濡れたあの粘土地に入ってしまい、悲惨なことになった場合に責任を感じてしまいます。

いえ、もちろん、畑を破壊した人がブログ情報のみで来たという確信はなく、可能性があるということです。

自分なら、竜ヶ崎には雨の日や雨の後には決して入りません、というか自分の四駆ではムリなのを理解しているからです。

釣り場の状況は、ブログだけでは伝えられませんし、それぞれの装備や体力や経験などがあるので、すべての公開には難しさを感じます。

これからも、ブログで様々な釣りに関する情報を書かせていただきますが、公開が難しい場所に関してはそれなりのヒントのみとさせていただきます。

釣れる場所より、あずましく釣りができる場所が好きです。ほぼ、激磯、笑

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. AKAMIMI より:

    釣り場の公開に関しては、賛否両論ある難しい問題ですね。
    公開に関しては、ブログを書く人の目的や誰を対象として書いているかにもよるかと思います。
    わたしは、読者の立場としてなら場所を公開してくれる勇気あるブログが好きですけどね。^_^;
    公開する、しないをうまく使い分けていけば良いのではないでしょうか。

    • info@aiariga10.com より:

      AKAMIMIさん、コメントありがとうございます。
      釣り場の公開は、確かに、難しい問題ですね、汗
      自分は、植物栽培が大好きでもあり、あまりに酷い状況を目の当たりにしましたので、公開の是非を自分なりに分析してみました。
      釣り場をすべて非公開にするつもりはありませんが、危険をともなう場所などは、ヒントのみとして、その場所を理解していただけるようにするつもりです。一番の分かれ目は危険度です。非公開を補うものとしては、写真やシチュエーションの説明ですね。
      あと、公開する場所として、例えば、小樽南防波堤で、ヤリイカやブリが釣れた、は、公然の事実として、堂々と公表します、釣れたなら、ですが、笑
      それが、私の考える使い分けになるかと思います。
      いずれにしても、釣り人の一人として、多くの皆さんの情報に助けられていますから、そのお礼の意味も含めて、多面的に情報をお知らせしたい次第であります。

  2. けいいち より:

    あつしさん、おはようございます!
    案外お人よしな部分も・・のくだりにクスクス(笑
    そうですね、私自身も世話焼きの素質ありますね。
    程度にも寄るけどね^^;

    発信する側に100%の自由があるかないか、
    釣りブログに限らず
    全てにおいて問われている世の中になっちゃいました^^;

    エッジの効いた発言だけで
    私もブログ運営したい、というのが本音です笑
    気持ちいいでしょうねぇ・・

    • info@aiariga10.com より:

      けいいちさん、コメントありがとうございます。

      けいいちさんが、かなりおせっかい度が高いのは、こと細かにアドバイスいただけるLINEのやりとりでよく理解しております、笑

      情報ツールとして、ブログやSNSの影響が大きい今、あまりエッジの効きすぎた内容は、敬遠されるきらいがありますよね。

      どちらかというと自分は、エッジよりエッチな話題が得意です❤️

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。