冬の日本海はなぜ時化る?

答え:北西の季節風が、強く吹き続くから。

ロシアなどのアジア大陸が冷えて、空気の密度が大きくなり重くなることで大陸側に高気圧が発生。

冷え切らない海のある太平洋側は、暖かく空気の密度が小さくて軽いので低気圧状態となる。

風は、高気圧→低気圧に流れる。

この一連の流れが、季節風。これが時化の状態を作ります。

もし、冬は寒いし時化が続くから嫌だな、と思ったら、地球の地軸の傾き23.4度を0度にすること。

そうしたら、四季のない、まったりとした日本、いえ地球になるかも、笑

四季があるからこそ、この素晴らしい環境があると考え、時化もしばしガマンガマンですね!

地軸の傾きの変化は、外的な力、例えば巨大隕石が地球に衝突でもしないと無理っぽいですがね…

海がメッチャ時化てたんで、こんなくだらない事を考えてました。

今晩、小樽港内、マメイカいるかな?

巨ソイのエサ用に、とも考えていましたよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。