瀬棚港で聞いた地元のサクラマス情報

土曜日に瀬棚港の新港で釣りをしていると、いいポイントなのか地元の年配の方々がよく集まります。釣りをしない人までも、笑

暗い中、最初に現れたのはマメイカ狙いとのことでしたが、早々に引き上げて行きました。

自分もヤリイカ用のエサ巻きエギで浮き釣りしていましたが、イカの気配はありませんでしたね。

そして次は、キビナゴでの浮き釣りの方。明け方に隣でされていましたが、今日はダメとのこと。この場所は入りやすく比較的釣果もあるとのことで、今年は1月の初めにはよく釣れ、札幌の方が浮き釣りでアメマス3とサクラマス2を短時間で釣り上げて帰られたと話してくれました。

アメマスが港内にいれば大抵は釣れるはず、とのことでしたが、当日は魚がいなかった模様です。ちなみに、サンマでも釣れるか?の質問にはアメマスは悪食なので釣れる、しかし、サクラマスはわからないとおっしゃいました、汗

これなら太櫓漁港のほうがマスも入る可能性が高いのでそちらに移動すると去って行かれました。自分は逆方向でもあり、車中で暖をとりながらだったので、新港で粘ることにしました。

あと、土曜日は凪だったので、利別川河口は車を停める場所が20台くらい分が満車だったとも別の方が話されていました。

自分の隣でジグで小さいサクラマスを釣られた方は、根気よく頑張られていました。サクラマスってこんなに根性のいる釣りなんだと痛感しました。サケのほうが簡単かもしれません…

こんな感じで、いろいろな方からいろいろな事を教えていただきました。ありがとうございました!

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. けいいち より:

    こんばんは!
    これまた、通好みな内容で・・^^

    誰かが言ってましたが、そこに魚がいる時に、自分が行った運。
    その要素が一番サクラ狙いは強いと私も思います^^;
    1尾の水揚げでミッション完了。
    めげずに頑張って釣れたら、嬉しい魚なので私は好きですよ。

    波打ち際までベイトをガンガン追い回している確変の日が
    積丹でもありますよ^^

    • info@aiariga10.com より:

      けいいちさん、おはよう?ございます。

      そうですね~、ショアからだとそうそう釣れないからまた狙い応えあるんでしょうね。

      確変の日があるんですね、それは楽しみですね。

      そういえば子どもの頃、春に南防波堤でコマイやらホッケが入れ食いで大漁だった日がありました。家に持って帰っても家族は釣ったと信じてくれませんでしたね。

      胃の中にはウミウシがいてそれが岸寄りしていたように思います。そのウミウシを見つけてエサにするとよく釣れました。

      確変に当たるには、やはり通わないといけないですよね~汗

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。