テーラーより圧倒的に釣れる⁈餌巻きエギ、ホンマでっか?

以前は、テーラー派でしたが、餌巻きエギを知ってからは、そね魔性の力にもう戻れなくなりました^^;

   
餌巻きエギとは、エギの背中に、鶏肉やキビナゴを巻ける仕様になってます。

餌の圧倒的おすすめは、鶏胸肉‼️

理由は、安い!加工しやすい!エサ持ちよい!釣れる!だからです。

イカは、触手に味蕾があって、アミノ酸を感じて識別しています。

ゆえに、餌巻きエギを抱いたイカは、餌と認識して離さないのです。

潮や風でフォールがわからなくても、これならズボラしても、イカはずっと離しません。

ただ、長くおきすぎるとボロボロにされ、飽きて離れます、笑

浮きやエギングどちらも対応可能ですが、基本は浮きや船みたいですから、沈むのが速いです。シンキングタイプ?

  
筋膜に沿って、5㎜くらいに削いだ胸肉をガッチリ塩漬けし、ペーパータオルにはさみ冷蔵庫で適当に乾かします。

エギの形に沿って、ラフに切ります。巻く時に整形できるので大丈夫。

あとは、筋膜を表にして、キッチリと巻きます。

  
一晩やって3個くらい、ロストも含めて必要かも。

まあ、テーラーやっている方は、ぜひお試しくださいませ。

違いがわかる男になりますよ^o^

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。