サケ釣り用エサーサンマ編(保存版)

自分が一番最初にサケ釣りを始めたのが、今から30年以上前、道南のとある河口でぶっ込みでやっていました。

その頃は、当然インターネットなどの情報もなく、どうやれば鮭が釣れるものなのか、サケ釣り自体が違法ではないのか?という声もあるような時代でした。

当然、釣り人もまばらで、殺気立つ今とは違い、ゆったりとしたサケ釣りを楽しんでいました

当時のエサは、ほぼサンマで、他のエサの選択肢はなかったように思います。

つくり方としては、当時と同じですが、自分流にアレンジしたものをご紹介します。

●用意する材料

①冷凍サンマ

②塩(けっこう使います。)

③アミノ酸系調味料やニンニクなどお好みで

④片栗粉

●用意する道具

①出刃包丁

②まな板

③ボウル、ザル

④キッチンペーパー

⑤ポリ袋、ラップ

今回のサンマは、スーパーで5本299円。1本60円で購入しました。サンマは冷凍に限ります。

解凍したのものは買わないでください。鮮度のいい刺身にできるような生がベストですが、いかんせん最近はとても高いですから餌としてはムリですね。

半解凍状態になるまで待ちますが、時間があれば冷蔵庫で解凍させてください。

パックのまま常温で置くと、解け方にムラができます。

やや硬いかな、というくらいで始めるのがいいです。

まず頭を落とします。

中骨に沿って2枚におろします。冷たいので、自分はキッチンペーパーを当てます。

腹ワタ、特に腎臓の血合い部分は丁寧に包丁でかき落とします。腎臓部分がきれいに落ちないと、後で保存様態・鮮度に影響しますのでしっかりと。

さらに汚れていたら、キッチンペーパーで拭き取ります。水は使いません。

中骨に沿って3枚におろします。出刃包丁が必須です。

こんな感じにおろせました。

水受けのあるザルにたっぷりの塩で漬けていきます。

これを冷蔵庫で保存、水分をとります。

翌日以降、じゅうぶん水気が抜けたら塩を払います。

ここで、アミノ酸系調味料やニンニクなど、お好みの液で味付けをします。

ふたたび冷蔵庫で一晩寝かせ、液をじゅうぶんにしみ込ませます。

ザルから取り出して水切り器にかけ、グルグル回しタレを切ります。キッチンペーパーなどで拭いてもいいですが、タレを再利用したくてこうしています。

水受けとあわせて、これだけ回収できました。これでエビ餌を作ろうかと考えています。

水気がとれた状態。いい感じに浸かっていますね。

もう一度たっぷりの新しい塩で漬けこみます。今回はイカゴロ入りの塩を使用。

さらに置き、カチカチになったところで塩を払います。

冷凍焼けと乾燥を防ぐための片栗粉を、たっぷりとまぶします。
片栗粉のお陰で手もギトギトしません。

数本をまとめてラップで包み完成です。全行程4日間でした。

保存する場合は、冷凍保存袋に入れ冷凍します。※カチカチには凍りません。

あとは、釣行ごとに必要な本数を取り出し、状況に合わせてハサミを使い釣り場でカットし使用します。

乾燥や冷凍焼けを考えると、冷凍後3ヶ月くらいが保存の目安でしょうか。

サケ釣りだけでなく、根魚等にも使えますので、まとめて作っても無駄にはならないと思います。

サンマが豊漁の時代は、生サンマで作り置きしましたが、これからは冷凍サンマが主流でしょうね。

※簡易版として、以前紹介した「サンマ餌で指が汚れない方法!」も参考にしてください。ただし、ぶっ込みやエサ取りの多い場合は、今回紹介したもののほうが、硬くエサ持ちがいいので向いています。

これからも、譲り合いの精神で安全で楽しい釣りをしましょう!

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。