四国遠征まとめ20200105

昨夜、小樽着21時過ぎに舞鶴発のフェリーで戻りました。12/28から1/4まで8日間の旅でした。

この時期としては、海は穏やかなほうだったかと思います。

走行距離が1,600kmを超えています。四国をほぼ一周しましたから、こんな感じでしょう。今回は、ほとんど一般道でした。

北海道でも、小樽から鮭釣りでオホーツクへ行くと、だいたい1,000kmを超えますからそんなに走った感じはしません。

家に戻ると、室温はマイナス2度。上水道は止水栓があるので凍りませんが、下水道が凍結してしばらく排水できませんでした、汗

洗濯やら、釣り具の整理をして、たくさんいただいたアジで南蛮漬けを作りました。とってもマイウ〜です。北海道では、小アジは売っていませんから、珍味です。

四国で釣りをして感じたこと…

何より暖かい。これが一番のメリットです。

魚種が豊富で、いろいろな釣りが楽しめる。北海道は、魚は濃いですが、どうしても釣り物が限られている感じがします。

こんな感じです。

また、四国に釣りに行きたいです。四国の皆さんも北海道へ、サクラマスや鮭を釣りに来てくださいね、お待ちしています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。