アキアジ(鮭・サケ)投げ釣り仕掛け

これまで知り得た情報をもとに、自分なりにベストと思われる仕掛けを紹介します。

わかりやすいように、作る手順通りに写真を並べました。

Yピンから先の、基本パーツ。

フロートがソフトタイプなので、伸縮性のあるストレッチタイプがオススメ。

カラーは、シルバー系が基本・万能と言われていますが…。

まったくホログラムシールを貼らない、という選択肢もあるようです。

仕掛け糸は、Yピンを止めるビーズを移動してもヨレないのでテトロン糸がオススメ。

他には、フロロカーボンの20号も使用しています。

ハリス:フロロカーボン10~14号、エステル10~14号など

仕掛け糸:フロロカーボン14~20号、テトロン糸16号など

※基本ナイロン系はヨレるので使わない。

今回はステキ針の「ステンレスファイター」19号。ハリス35cm。

針は好みがあるが、なるべく小さく仕立てたいのでこの選択。

お好みの適正な径のパイプ2cmをかぶせる。

マジカルシール(高価)のティンセルを巻く。これは好みなのでなくてもOK。

1.5mm径のパイプ45mmを針のチモトまで通す。

タコベイト2号を通す。ピンク、赤が定番で無難。

好みのフロート玉を通す。百均のビーズ玉や夜光シモリでもOK。今回はミラー仕様。

ソフト穴あきホッパー棒13mm径、長さ30mmに好みのホログラムシールを貼ったものを通す。

ホログラムシールを貼らないという選択肢もあり。

好みのフロート玉を通す。百均のビーズ玉や夜光シモリでもOK。今回はミラー仕様。

夜光パイプを5mmに切ったものを2つ通し締め込む。

Yピンから先部分の出来上がり。

仕掛け糸、テトロン16号仕様。

ハリスとの結束部分がミソ。仕掛け糸にハリスが絡まないよう、タルカンを使い回転する仕様、アレコレ…。

一番下がベストかと思う。

拡大するとこんな感じ。

これらを組み合わせて…。

ハイ、完成です。

色々なパターン、バリエーションを用意します。

竿は通常5~8本出しており、仕掛けは20セット以上持参しています。

安全で楽しい釣りをいたしましょう!

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. まさお より:

    あつしさん こんにちは!
    おっと貴重な鮭仕掛け公開ありがとうございます
    さっそく真似させていただきます、笑
    いつから始動されるのですかー?

    • info@aiariga10.com より:

      まさおさん。釣果は保証しませんが、そんなに悪い仕掛けではないと思いますよ。土日、ひだかの海岸で、タカノハと一緒にやってみます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。