サケ釣り用特餌 カツオはらも仕込む

ヤフオクで落札したカツオはらも15kg。約200匹分のカツオに相当します。死ぬまで使い切れるかな、笑

今回は、そのうちの15匹分を仕込みます。

硬い胸ビレをかわしてカットします。

内側は、硬い膜があるのでスライスします。

胸ビレと筋膜を取り除いたら、1/3くらいになりました。

塩をして、締め水気を切ります。

アミノ酸、ニンニク、ケイムラ液を入れてなじませます。

もちろん、塩で締めただけでも大丈夫です。

漬かったら、10mm×25mmサイズに切ります。小さい様に感じますが、サケの場合は、これくらいの大きさで十分です。ソイの大物狙いは、20mm×80mmくらいです。

カツオはらも15匹分をカットするとこんな感じです。

小分けし真空パックにして冷凍します。こうすると、半年くらいは全然平気です。

サケは、匂い、動き、光、色に反応し、特に匂いは大事な要素の様な気がします。餌を取り替えたら直ぐ釣れた、というのは良くあることですから。

カツオはらものいい所は、餌持ちです。ソーダガツオよりいいです。ただ、ソーダガツオは血合いがあるので、脂と匂いはソーダガツオが上のような気がしますので、カツオはらもは、味付けにひと工夫必要かもしれません。

コストとしては、カツオはらも1匹分で約40円。これで15〜20切れは取れるので、ウキルアーなら、1日やっても3匹分120円は使い切れないと思います。ぶっ込みで、竿10本出しても1日10匹分400円のカツオはらもは必要ないでしょう。そう考えると、案外リーズナブルかもしれません。

譲り合いの心で、安全で楽しい釣りを楽しみましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。