20240107愕然!電気浮き&竿先ライト用の電池が充電できたなんて…

2023年の釣り部門ビックニュースベスト3に入れてもおかしくない驚愕の情報です。イカの浮き釣りや投げ夜釣りで必須アイテムのピン形リチウム電池が充電できてしまうんです!

自分は釣り歴50年以上ですが、大昔の電気ウキは単三電池使用で、ごつくて重くてヤリイカには全然使えませんでしたが、1976年にピン形リチウム電池が開発されて軽量の発光ダイオードを使った電気浮きが普及することで、電気浮き釣りに革命を起こしました。

これまでピン形リチウム電池には相当投資しました。ヤリイカの浮き釣りでは、ピン形リチウム電池2本仕様で竿2本の事もあるので、電池代だけでもバカになりません。

節約しようと国内メーカーおよび中華製を使用する中で、行き着いたのがPanasonicピン形リチウム電池BR-435です。安定&安心感で今はこれしか使いませんが、難点は価格が高いこと…ホームセンターでも2本パックで400円近くするので、貧乏ジイには出費が痛いです。大抵はネットでまとめ買いするのですが、この前ストックがなく、ローカル釣り具店で富士灯器のを買ったら500円玉を出して、お釣りが数十円でした( ノД`)シクシク…

パナソニックBR-435/2Bリチウム電池2セット(4本)単価148円 Amazon

釣り仲間に「まとめ買いしたのでリチウム電池を譲りますよ」と言ったら「自分は充電して使っているから大丈夫」って、ん?充電できるの?マジーーーそんな🍌って感じでネット検索してたどり着いたのが以下スグレモノです。充電後気持ち新品よりは持続時間が短い気はしますが、その分どんどん交換したらOK牧場🐄です。ピン形リチウム電池を使っている皆さんには朗報ですよ…って知らなかったのは自分だけかも💦

おすすめ!ピン型リチウム電池USB急速充電器 Amazon

※付属の電池が充電式とありましたが、自分はPanasonicピン形リチウム電池BR435を使っています。使用範囲外かもしれませんので、あくまで自己責任でお願いします。

お買い得な釣り具 Amazon
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • あつし様素晴らしいニュースありがとうございます。青森県八戸市で投げ釣りばっかりやってる古希の爺さんです。まさかリチウム電池に充電できるとは。私もBR435を竿先ライトに使っているのですがBR435でも充電出来ているのですね。もちろん自己責任ですがさっそく購入します。カタログにBR425用って出ていたので念の為書かせて頂きました。ブログ楽しみにしております。

    • カワムラ様、コメントありがとうございます。『BR425』は直径φ4.2mm、長さが25.9mm(マイナス極含む)、『BR435』は直径φ4.2mm、長さが35.9mm(マイナス極含む)と直径は同じなので、長さは違いますが、どちらも同じ充電器で大丈夫です。自分もこの充電器と出会い、とても助かっています。これからもお互いに釣りを楽しみましょうね。

コメントする

目次