北海道におけるヤリイカ漁獲量の推移 2013~2017

暴風警報発令中に、ヤリイカ釣りに行こうかと思案中のアホです、笑

どんな魚でも、釣れる釣れないは時の運…もあります。

が、漁獲量(資源量)を知ると何かの参考になるかな、とデータを調べました。

参照元:マリンネット北海道

http://www.hro.or.jp/list/fisheries/marine/h3mfcd0000000ge0.html

グラフ化すると…

不漁年と豊漁年の差は約6倍あります。ある年は1杯、ある年は6杯、その差は大きいですね。

地域別に見ると、後志・渡島・桧山で北海道全体の95%、ほぼこのエリアで獲れているということです。その中では圧倒的に渡島地方で、平均すると8割弱を占めています。確かに、イカ=函館方面というのは頷ける結果です。

過去記事の「積丹周辺のヤリイカの資源量および生態

http://fb.aiariga10.com/post-180/

これもあわせて読んでいただくと面白いかも、です。

追記:全国の漁獲高が、年間9,000トンくらいとの情報もありますので、北海道は全国の約5%程度を占めているということですね。まるで、経済統計みたいな感じです。

https://www.aomori-itc.or.jp/soshiki/suisan_sougou/houkoku_kanko/houkoku_2-1.html

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。